賃貸物件で迷った時には

賃貸住宅の構造と遮音性

賃貸暮らしを始めるにあたって、騒音問題が気になる人も多いと思います。特にずっと戸建てに住んできた人は、集合住宅の騒音がどんなものか想像がつかないだけに、不安になることでしょう。戸建ての賃貸を借りるという手もありますが、絶対数が少ないですし、賃貸なのに草むしりの協力をさせられるなど、戸建て賃貸ならではの悩みも出てきます。数の多い集合住宅で、遮音性が高い物件を選ぶほうが現実的だといえそうです。

はっきり言って、集合住宅では上下左右の音が全く聞こえないということはありません。どんなに遮音性が優れた物件を選んでも、壁や床一枚隔てた場所に他人が住んでいるのですから、音を完全にシャットダウンすることはできません。それを理解した上で、少しでも音を軽減したいなら、RC造もしくはSRC造の賃貸物件を選ぶことです。RC造は鉄筋コンクリート、SRC造はRCに鉄骨を組み合わせた構造です。耐久性、遮音性、耐火性により優れているのはSRC造のほうです。木造や軽量鉄骨造はこれらに比べると音も伝わりやすい構造です。但し音の伝わり方は、構造だけでなく、壁の厚さや床の材質によっても異なります。遮音性は耐震性をセールスポイントにしている賃貸を選ぶと良いでしょう。

お役立ち情報