賃貸物件で迷った時には

賃貸物件で良くあるトラブルの対処方法

賃貸物件に住んでいる場合、想定されるいくつかのトラブルがあります。対処方法を知っておくといざという時に大変便利です。まず良くあるもので水回りのケースがあります。排水がつまっていないのに流れにくいということがあります。その場合には髪の毛や汚れが詰まっており水が流れにくい状況になっています。ドラッグストアやスーパーで購入できるパイプつまりの洗剤があるので使用してみましょう。髪の毛のつまりなどは割りばしなどを排水溝に入れて取るのも良いです。

次によくあるものとしてエアコンのききが悪いというものがあります。これは、フィルターの汚れが原因ということもありますので掃除してみると良いです。エアコンのききは電気代にも影響しますので1ヶ月1回など定期的にフィルターを掃除するのが良いです。それから、緊急の場合として鍵を紛失してしまった、水漏れを起こしてしまったということがあります。昼間で不動産会社に連絡ができれば良いのですが、深夜や早朝では難しいこともあります。その場合には鍵を開けてくれる業者や水漏れ業者などに対応してもらうことしかありません。

トイレのつまりも突然起きます。流れが悪い時には市販のラバーカップを使用すると流れが良くなることもあります。他に、電池切れということがあります。インターフォンや、ガス台がつかないなどは電池切れのことがありますのでチェックしてみましょう。水道の蛇口からの水漏れはパッキンのゆるみが原因であることも多いので、金物屋さんでパッキンを購入して自分でやることもできます。すぐ対応しなくても大丈夫な場合、やり方に自信がない場合には不動産の管理会社へ連絡し対処方法を聞いたり業者を紹介してもらうのが安全な方法になります。

お役立ち情報