賃貸物件で迷った時には

賃貸物件がやはり経済的

現在賃貸のマンションに住んでいます。学生時代から数えると、既に20年以上の賃貸生活になります。賃貸のメリットは、その手軽さにあるのではないでしょうか。賃料、ロケーション、間取り、交通の便など、その時々の自分のニーズに応じて変える事が可能です。逆に家やマンションを購入した場合、例え自分のおかれた状況が変化しても容易には買い替える事はできません。しかし多くの人がマンションや家を購入する事を目標に、頑張っておられます。結婚や出産を機に、人生プランを考え、ローンを組んで購入される事が多い気がします。

しかし、高額なローンを数十年に渡って払い続けて行く保証が、終身雇用制の崩壊した現代社会にないことはいうまでもありません。また会社が変わらないにしろ、勤務地が変わる事は容易に起こりえますし、子供が成長して家を出れば、そんなに沢山の部屋は必要なくなるでしょう。また家を持てば固定資産勢などのエクストラの出費もかかります。これらのリスクを抱えながら、不確かな見込みで家やマンションを購入することに私は抵抗を感じます。

それよりも、賃貸の物件を賢く借りながら、その時々の自分のライフスタイルに一番合った物件に済むのが、結局一番経済的なのではないでしょうか。