賃貸物件で迷った時には

賃貸で浴室は水を抜く

賃貸物件を探す時のペット可賃貸ではバルコニーがあるお部屋の時は注意が必要となります。そして猫だから転落するわけがないと思ってないでしょうか。実は近年猫のマンションからの転落がとても増えていますが、簡単にバルコニーに出られないような工夫や、柵なども考えておくことが大事です。そしてキッチンですが、できればペットに入ってもらいたくない所です。扉で仕切られた独立式のキッチンがりそうで、仕切られてないといったときはペット用の柵が使えるか調べてみましょう。そして、浴室ですが、まず扉は押して開けるタイプではないほうがいいです。力を必要としないで猫が侵入してしまいますから、万が一侵入してしまったことを想定し、あらかじめ浴室の水は抜いておくことが大事です。

そしてシャンプーやボディーソープなどは猫がなめてしまうと危険で、高い一に棚を設置できるか、扉付きの収納スペースがあるか調べてみましょう。そしてサイトに畳のお部屋はあるでしょうか。畳は猫がひっかきますから、すぐぼろぼろになり、できれば畳のないお部屋を選ぶことが大事ですが、どうしても和室があれば、カーペットなどを敷いて対応してください。そして、ペット可賃貸も多種多様で、必ず賃貸業者に相談し、より良いお部屋を選びましょう。

お役立ち情報