賃貸物件で迷った時には

賃貸で改善を願うことがある

賃貸でデザイナーズハウスに限らず建築設計に携わる方をとりあえず3種類に分類でき、つまり建築や設計し、建築家となりますが、建築屋はただ建築らしい物を作っていくことができる方たちで、そこには思想らしい物はなく技術的裏付けも乏しいです。そして設計士はいわゆる建築士で特に思想はなく、建築家は音楽家や画家などと同様に表現者であり、余り正確な記憶ではないですが、大方こうしたことだと思います。そして、設計図は実際に家を作り上げていく大工さんをはじめ多くの職人さんたちにあなたの歯垢や、完成を伝える手段の一つです。

それをあなたに代わって描いて、設計図通りにお仕事がされているかチェックすることが設計者の役目です。こうして施主、設計者工事人が三位一体になりお互いに信頼し合って、さらに密なコミュニケーションを取っていきながら、あなただけの家を完成させます。そして、出来上がった家がさらに万造行くものになるかどうかは住む方自身の問題で、ライフスタイルや年齢の変化に伴ってどう工夫していうか、あなたにはそれが問われると言ってのける設計士もいます。そして、施主の中には、生活スタイルを変えたいと思ったことがある方は多いでしょうが、今と全く違うスタイルにしたい方もいれば、ここを少しだけ快適にといった改善を願うこともあります。

お役立ち情報