賃貸物件で迷った時には

人気エリアからはずれた穴場の賃貸

賃貸住宅は、築年数が新しいほど、駅から近いほど、面積が広いほど家賃が高くなる、ということは周知の事実です。少しでも安い賃貸に住みたい人は、古い物件や駅から遠い物件を狙っていくことになります。しかしもう1つ、家賃相場に影響する要素があります。それがエリアです。いわゆる人気エリアといわれる場所にあれば、古いのに家賃が安くなかったりします。逆にあまり人気がないエリアですと、築浅で駅から5分なのに家賃が手頃であったりします。人気がないのには必ず理由があるわけですが、その理由が気にならないものなら、あまり人気のないエリアの物件を狙ってみるのも良いと思います。

私は大阪でいくつかの賃貸住宅に住んでいましたが、距離的には少ししか離れていないのに、人気に左右されて家賃が随分違うことを知りました。繁華街が近くにあって多くの電車が乗り入れている人気エリアでは、1Kで8万6000円でしたが、そこから電車で2駅離れただけの少し寂れた印象のエリアでは、2LDKで6万3000円でした。広さは3倍近くになり、家賃は約7割になったわけです。最寄駅からの距離も近くなりました。近くに買物する場所もあり、不便さはありませんでした。広いエリアで探すと掘出物が見つかるかもしれません。

お役立ち情報