賃貸物件で迷った時には

寂しさを紛らす賃貸を選ぶ

仕事や進学などで、初めて賃貸暮らしを始める人が多くなるのが4月です。初めての一人暮らしはウキウキする反面、寂しがりやの性格の人には厳しい面もあるかもしれません。かといってわざわざ賃貸暮らしを始めるのは実家から出る必要があるからでしょうから、実家の近くの物件を選ぶわけにはいきません。家賃や周辺の環境などから物件選びをすることと思いますが、初めての一人暮らしの人は、寂しさを紛らわせる、という観点から物件探しをしても面白いと思います。

私は自分が特別寂しがりやだと思ったことはありませんが、初めて賃貸で一人暮らしを始めてからは、一人が想像以上に寂しいことを知りました。特に私が初めて単身赴任をしたアパートは、同じく単身赴任の男性ばかりが住んでいたので、すれ違う住人がコンビニの弁当が入った袋をぶら下げていたり、夜になると隣の部屋からナイター中継の音声が聞こえてきたり、と切なくなることがありました。一人でいても寂しさを紛らわせることができる物件、というのも難しいですが、少なくとも日当たりが悪くて昼間でも薄暗いような部屋は選ばないほうが良いと思います。ペット可の賃貸で犬か猫を飼う、というのも良い方法です。

お役立ち情報